ゆるら短歌diary

ゆるらと、短歌のこと書いていきます  

光のアラベスク/松村由利子 歌集より

てのひらに森を包めば幾千の鳥飛び立ちてわが頬を打つ


 森は、南の島の熱の籠もった森、深く深く、数多の生き物を内包させた森・・
この島に移り住んできたという経緯が、未だてのひらに包みきれない森に真向かう作者のやや臆する心情があるのでは・・深読みかもしれないが結句からそんなことを思った。


夢は舟 会いたい人をひとりだけ乗せて夜明けの海を漕ぎくる

 社会詠や、時事詠が主流と思っていた作者の相聞歌に、ところどころで出逢って、嬉しい驚きを感じる歌集。
 会いたい人は、逢えない恋人かもしれないし、もうすでに亡き人かもしれない。
たったひと夜の夢が、たったひとりの人を運んでくる。それは、夜明けの海を静かにすべるように近づいてくる舟よりほかにない。


永遠を生んでしまった女たち水の匂いを滴らせつつ

「永遠を生む」ということは、有り得ないと思う。ただ、子を産み育てるという気の遠くなるような繰り返しのなかで、女とは、限りない未来へのエネルギーをはらむ唯一の存在ではないかと思う。そこには、羊水や汗、月経など、生々しい水の匂いがいつもつきまとっている。

 

夜の耳しんと立てれば流れ込む遠い呼び声樹下のささやき

 作者自身が、獣となって彷徨っている感覚だ。心地よい孤独感のなかで欲しているのは、懐かしい人々の声や、愛する人の囁きなのかもしれない。


喉渇く抱かれたくなる雨降らす暗みゆくわが森の混沌

 手をのばせば、相手の体温を感じられる距離ではない存在へのひそかなあこがれ。
雨は心情を素直にしてくれる。しかし、雨はまた、自らの森を暗ませ混沌とさせてゆくのだ。


羽繕いしているわたし明け方の雨はやさしく夢を濡らしぬ

小鳥来てそっと告げたりあなたしか渡れぬ橋が今宵架かると

 ここにも、明け方の夢・・。長い一夜の夢を潜り抜けてきて、タイムトンネルから
抜け出したような感覚。そしてまた、夜へ浮遊していくような・・タイムフライヤー的な二首。


世界中の人が使えば地球ひとつ終わる温水洗浄便座

 温水洗浄便座を世界中のすべての人が使うと、地球環境が破綻してしまう。
使えない人達がいるからこそ、成り立っているという視点。
日常の何気ない素材が、鋭い切り口として立ち上がってくる歌。


深海に死の灰のごとく降り続くプラスチックのマイクロ破片

インド製ユニクロのシャツのほつれ糸手繰れば今日も少女売られる

 この二首も、プラスチックのマイクロ破片や、ほつれ糸という、見過ごしてしまいそうな素材が、実は、とんでもなく大きな社会の闇の問題に繋がっているという視点。
冷静な観察眼。


ヒトの乳ネットで売られああ今日もクール宅急便の確かさ

春・卵子・母乳・わたくし 売買の許されぬもの抜き出しなさい

 良くも悪くもネット社会に生きる私達は、その渦のなかに身をおいている。たましいを売り渡さないために、自分はどう生きるかということを問うていかないと・・。


「犬の耳」みな折り戻し愛犬を手放すように本を売りたり

 印象に残ったページを折り返している「犬の耳」、それぞれを丁寧に折り戻し
本を手放す。大切な犬を売り渡すように・・

 

全員が「いいね」している戦争をあなたは否み続けられるか

 同じように思う事がある。日常に埋没している間に、考える隙も与えられないで
どんどんどこかへ運ばれていってるのではないかという不安・・
みんなが平和だと言えば、そうなんだろうなと思ってしまう現世。


火の匂いさせてあなたは踏み入れよ緑滴るわたしの森へ

そう、私、若葉茂らせ揺れていた。燃やされること恐れはしない

 やわらかな若葉に包まれて、穏やかなときを過ごすのは、それはそれで平穏だ。
しかし、それだけでいいのかと自らに問いかける自分がいる。もっと激しく、もっと強く、もっと高みへ・・たとえ傷ついたとしても、そう願う自分がいる。


ねむいねむい季節があった種子ひとつ水に沈めて見守っていた

 種子のひとつを水に沈めて、発芽するまでを見守る。
とてつもなく長い時間の経過・・。たとえば、それまでにすりきれそうな時間と対峙してきたとしたら、この無為の時間は限りなくぜいたくな時間だ。


草原に置かれた銀の匙ひとつ雨を待ちつつ全天映す

 銀の匙は、何のメタファだろうか。銀の匙と、あまりにも大きすぎる全天との対比が不思議な空間をつくりだす。小さな銀の匙プラネタリウムのようだ。
銀の匙は、作者自身で、雨に打たれることによって始まる新しい世界を希求しているようにも思える。


静かなる入り江へ舟を曳くように沈思あるべし小さく揺れつつ

冒頭に、、

夢は舟 会いたい人をひとりだけ乗せて夜明けの海を漕ぎくる

もあり、歌集のなかで、舟は、つねに作者の裡で揺れ続け、様々な感情を運び続けている。

 凪のひとときに身をおくときであっても、常に、どこかあやうき世界とつながり、水底に激しいものを滾らせている。
そんな印象の歌集であった。

 

歌集 苺の心臓/上澄 眠 より 

なんだろう・・大人になって、子どものときに使っていたおもちゃ箱を
薄暗い場所から、ひっぱりだしてみる
次から次へと時間も忘れて、ひとつひとつ手にのせてみる

おもしろくて、なつかしくて、やがてせつない・・

この歌集は、そんな感じだ・・ 


菜の花や月は静かにおとうとのえらばなかった道をてらして

冒頭は、蕪村の俳句、「菜の花や月は東に日は西に」をなぞらえたものだと思います。「えらばなかった道」は、あえて「えらばなかった」はずで、後悔はないはずである。
しかし、そこに月の光があたることで、複雑な思いが過ぎっていくのである。姉として・・。月光は、太陽光とは違う感じがあって一首を淡々と包んでいる


歯がいっぱい入っていると思ったら全部ちぎれた消しゴムだった

おもちゃ箱と感じた所以だ。どきりとして、おもしろくて、やがてなつかしい・・

 

横たわりふとんをかける秋の夜にわたしを埋葬するようにして

この作者は、自分自身を抜け出して、自分と向き合ったり、覗き込んだりする作品が多い。この一首もそうだ。自分自身を埋葬するという表現が意表をつく。

 

明日までに世界が終わればいいのにと小学生は何度も思った

子どもの頃は、苦手なことがあったり、友達と喧嘩したりすると、学校へ行きたくない、世界が終わってしまってほしいと、真剣に考えたものだ。それが世界のすべてであったから・・

 

読みながら食べたいのだがコンビニに寺山修司に合う菓子がない

そうですね・・コンビニにはありそうもないですね。昭和の時代の駄菓子屋さんにならあるでしょうか。

 

春深しかべのかがみがかたむいてもわたしはかたむかなくて

春爛漫の季節なら、もしかしたら、鏡とともに、私も浮遊するかもと思ってみたけれど、やはりまっすぐに立っている私だった・・。
それだけのことでもいいけれど、もっと深いところの話かも・・たとえば、社会の中での自分の有り様、生き方。

 

洗面台の鏡の前で無防備に電気を消したら私も消える

「無防備に」消すと消えてしまう。用心深く消すとどうなるんでしょうか。自分自身にしっかり向き合わないと・・存在感なんてそんなものだよと言われているような。

 

じぶん自身の説明しにくい悲しみにしか涙が出ない たかく木蓮

とても共感できます。そして、手の届かないようなところにある木蓮・・ぴったりです。

 

はらまきをパジャマの上にしたままでこどもが朝のゴミ捨てにくる

何気ない日常の、こんなところに平和はあるんだな・・とつくづく・・

 

くちびるから伝わる体温またひとつ寂しい遊びをおぼえてしまった

キスをこういう感覚でとらえることが新鮮・・やや諦念があるけれど

 

神様のよだれのようにあたたかい雨あの街を守ってください

神様のおひるごはんの食べのこしみたいな雲とむらさきの空

神様は、とても親しみやすく、やんちゃで、わたしたちの身めぐりを浮遊しているのですね。


公園まで歩く途中で雨が降る あなたの名前の“さ”の音が好き

降り始めた雨が恋人達を濡らしていく・・あなたの名前のサ行のような音で・・

 

傘をさすまでもない雨 顔にあたるこの感じ微微微微微炭酸

ちょうど、今の季節のような春先の雨でしょうか・・微微・・・は、少し鼻につくところもあるけれど、結句の微炭酸ですっきり!

 

スプリングコート暑くて手に持てばあなたと出会った春の重さだ

こちらも、今の季節の頃でしょうか。春の重さは、あなたと出会ったという事象への重さにも通じますが、「暑くて」に、やや倦怠感が・・

 

「水濡れがありますから」と買い取ってももらえななかった『こ々ろ』と帰る

『こ々ろ』は、夏目漱石の本ですが、すなわち自分自身の心そのもので、「水濡れ」や汚れは、やはりあるもので、自分は、自分の心と向き合ってゆくしかないということ。

 

高木ブーに枯れ葉どさどさ落ちてくるコントをいつも思い出す秋

ドリフターズの中で、たしか高木ブーは、台詞が少なく、いつもこんな感じの演技が多かったように思う。ペーソスを感じる歌・・

 

八月の朝だコップを洗うとき最初に底にとどく中指

まだたべないところを持って食べるピザ さいごは指のあとごと消える

作者によって、気付かされたことがたくさんある。そして、こういうふうに詠えるのだということを教えてもらった。

 

青葉闇 そんなそこそこ幸せでいいのかよって踏切が鳴る

幸せの定義なんて、ほんとうにとりとめがない。自分自身が、幸せって思っただけで、そのまま幸せなんだと思う。
しかし、光のあたらない葉陰のように自分のなかの影を見ることがある。私はこのままでいいのか・・

 

ぽこあぽこぽこあぽこ とあわがでる水槽ずっと見る春休み

poco a poco は、音楽で速度標語に添える語だそうだ。「少しづつ」というような意味らしい。
春休みの、ぽわあんとした緩慢な感じがとてもよく出ていておもしろい。

 

されたこと、されたこと、されたことばかり お前が、やった、ことは、何だ

メディアが伝えることは、ほんとうに、責任問題が追及される「されたこと」が多い。リフレインのあとの結句が突きささってくる。

 

はやく帰って続きが読みたかっただけ ただそれだけで生きていただけ

子どもの頃、図書館で借りた本を、読み始めて、下校時刻になってしまって、早く、早く続きが読みたいと帰りを急ぐあまり、友達との約束をすっぽかしたり、邪険にしてしまったりして、「なんか嫌な子」と思われてしまう・・そんな思い出がある。
しかし、子どものころは、それが世界の全てであって、それだけで生きていたんだって、今、思う。

 

遠くの敵や硝子を/服部真里子歌集より

陽だまりで梨とり分けるしずかな手あなたとはぐれるなら秋がいい

 

    陽だまりの縁側、窓辺でもいい、母親が梨を剥き主体にとりわけてくれている。
梨は水分が多くて冷たい果実だ。小春日和の温もりの中で、そのしんとした冷たさは
いっそう際立つ。
 肉親といえども、別れゆく日は必ずくる。それが、精神的なものなのか
死を意味するものなのかわからないけれど、人は個として生きていかなければならないのだ。
    梨の冷たさとしずかな手が、それを教えてくれる。「はぐれる」という表現がその心許なさを物語っている。

 

ああ雪を待っているだけわたしたち宇宙にヘッドフォンをかぶせて

 

   喧噪のなかに身をおいていると、雪がくる前の気配はわからない。
いっそのこと、宇宙にヘッドフォンをかぶせてしまって、無音のなかで雪を待ちたいものだ・・


雪の音につつまれる夜のローソンでスプーンのことを二回訊かれる

 

   コンビニで、「レジ袋は・・」「スプーンは・・」と訊かれることが多い。
マニュアルを忠実にこなすように指導されている店員。
雪の音まで聞こえてくるような静かな夜に、そんなコンビニの店員との
やりとりが、ひどく興ざめしてしてしまう。しかも、二回も・・


水仙と盗聴、わたしが傾くとわたしを巡るわずかなる水

 

   小さい頃、うまく泳げなくて、鼻や耳から水が入って、自分の体なのに、なんだか別の人の体になってしまったような身体感覚を経験した。
 そのとき、自らの体に入っている水の存在をつぶさに感じた。この歌から、それを思い出した。
    水仙の茎は空洞でまっすぐである。水仙のように単純ではないが、人間の体も似たよ うなつくりのように思えてしまうから不思議だ。

     ほんとうは、もっと社会的な事象をうたっていると思うのだが・・

 

雪柳てのひらに散るさみしさよ十の位から一借りてくる

 

 引き算を覚え始めたころ、一の位で引けなくなると、「十の位から一借りてくる」と
教えられたな・・。その深い意味も解らずに、繰り返し繰り返し教えられて、身につけてきたことのなんと多いことか。
 まっすぐに 純粋に、限りなくたくさんのことを吸収してきたこどもの頃・・。
触れるとこぼれてしまう雪柳の白さは、そんな子どもの頃に似ている。


前髪をしんと切りそろえる鋏なつかしいこれは雪の気配だ

 前歌集『行け荒野へと』に

前髪へ縦にはさみを入れるときはるかな針葉樹林の翳り 

というのがある。前髪というのは、顔の印象を決める大切なテリトリーだ。特に髪に鋏を入れる感覚というのはぞくっとするような官能的なものがある。針葉樹林の翳りや、雪の気配が、身体感覚として伝わってくる。

 

靴という二艘の舟にひとつづつ足を沈めて死までを行かな

 

 靴を二艘の舟に見立て、それが死までゆく舟だというイマジネーションが凄い。

補陀落渡海」を彷彿させる。


夜をください そうでなければ永遠に冷たい洗濯物をください

 

 もし、「永遠に冷たい洗濯物」を渡されたら・・。それは、生きながらにして、十字架を背負っているような感覚だろうか。重たくてひんやりとした感触が伝わってくる。
 恋人に向けて放った言葉のように思えるのだが、「共に過ごす夜をください、そうでなければ・・」 怖い・・ 

 

僕のいない春の話が好きだったガラスでできた駅舎のようで

 

 森田童子の「ぼくたちの失敗」という歌を思い出した。駅は、旅立ちの通過点だけれど、ガラスでできた駅は、存在せず、そこから旅立つことはないのかもしれない。そもそも僕自身も春霞のようにふわふわとしてとりとめのない存在なのだ。 

窓の匂い/前田康子歌集 より

 ずっと前から、この人の描く、草や木や花の佇まいや、匂いや手触りが、とても好きだった・・

こっつんと踏んでしまいし椎の実の楕円の感じ足裏にある

 固い椎の実を踏んだときの足の触感がリアルである。「楕円」というかたちがつぶさに感じられるところがすごい。その感覚が持続している感じもわかる。

投げ上げて両手に受けて繰り返す白粉花の落下傘いくつも

 あどけない遊びのようで、なつかしく「ちひろ」の絵のよう・・

「海号」と名付けたわけではないけれど二台目もまた青い自転車

返事してくれるわけなく夕暮れを再び端から探す自転車

 伊藤一彦さんの自転車は、「海号」、青い自転車、なんだか何処までも行けそう・・

 盗まれたのか、置き場所を勘違いしていたのか、とめどなく並んでいる自転車を、一台、一台確認していく作業・・返事してくれたらと思うし、「端から探す」が、せつない。

我が胸を机となして細きもの並べられたり歯を診られつつ

 この感じ、あるある・・という歌。身動きできず、並べられたものが金属で、ひんやり感も伝わってきます。

楽器ならどんな音色がするでしょうひゅうがみずきに風が触れたり

 「ひゅうがみずき」という名前が、ほんとうに綺麗な音色を奏でそうでステキです。

芍薬は蜜にまみれてひらけない蕾もあると花師はいいたり

 衝撃を受けました!なんだか愛情が深すぎて相手を殺めてしまうような官能的なものを感じました。

プレートの通りに咲く気なんかなく植物園の福寿草あちこち

植物園前に咲きたるなずなたち中へ入れずぽわぽわ揺る

 福寿草や、なずなに向けるまなざしが好きです。もともと自然なままの植物たちが植物園という枠のなかに入るのは難しいのです。

窓を開け窓をまた閉め夫も子も知らぬ私の一日終わる

 家族という、ひとつの集合体のなかに日々を暮らしても、全てを把握するということはないのです。

京扇子ぱちんと閉じしのち静か 螢を見ずに六月終わる

 京扇子と螢の対が雅びだけど、小さな欠落感も感じる

疲れ果て眠る夫にかける呪文ツルウメモドキサルトリイバラ

 この植物の引用の仕方、絶妙です。イバラが入っているところが、ちょっと怖い・・

わが腕を唐突に打つ野あざみの 激しさならばまだ胸にある

 一番好きな歌です。あの野アザミの棘といったら、靴底まで通しそうな激しさです。野アザミに出逢って、自らの激しさをも確かめることとなった!

毒のあるエゴノキ燐家の境目に植えてもいいでしょうか(匿名)

 ご近所さんとのお付き合いには、頭を悩ますことも多い昨今・・。こんな方法もあるのですね。そして、やはり、匿名でないとね!

座りいし角度のままか 川の辺に赤き座椅子の捨てられてあり

 時々、こんな場所に・・と思う所に、意外な物が不法投棄されていて、どきっとすることがあります。河川敷に、赤い物が置かれてあれば、目を奪われます。「座りいし角度のままか」が、確かに生活の中で、持ち主の体温をうけとめていた証のようでせつない。 

羽根切られ病院裏に飼われたる白鳥柔く頚を廻せり

 観賞用として飼われている鳥たちは、こういう運命を背負っているんですね。ただ、病棟から眺める人達の支えとなっているかもしれません。白鳥の様子を描写しているだけなのにまなざしが深い。

 

第2回 WAKATAN(和歌山で短歌を楽しむ会)のおはなし

 昨日、和歌山は、この冬いちばんの冷え込み・・

平地でも積雪ということで、私が、WAKATANグッズを愛車に、よいこらしょと

積み込む時には、吹雪が・・

参加してくださる予定の皆さんは、無事にたどりつけるだろうかと、超心配性の私はそれでも、えい!!とエンジンをかけたのでした。

でも、でも・・会場のプラグさんに到着した頃には雪もあがり、皆さんお元気で集まってくださいました。

 結局、雪がひどかったのは、昼食を調達にコンビニへ行く時

「帰れないかも~」という私に、江戸雪さんは、「初雪や~楽しい!」と興奮されてました。さすが大物・・こうありたいと思った次第です。

 

さて・・第2回WAKATANです。

前半は、平野陽平さんの、ハンドパンの演奏と香月にいなさんの短歌朗読・・

朗読の内容は、深山静さん作「龍女の独白」より

演奏と朗読が響き合って、プラグは、神秘の空間となりました。

 

その余韻を残したまま第2部へ・・

 江戸雪さんの短歌を二首、一部を空白にして、参加者の皆さんにイマジネーションをふくらませていただきました。

 ぶっつけ本番であるにもかかわらず、さすが皆さんの思考は限りなく柔軟でした!!

江戸雪さんは、私の歌よりデキてる!と絶賛されてました。

    

   薬局へ殺虫剤を買いにいく背中に    をつきさしたまま

                    バラ 

                    西陽

                    夏 

                    怒り

                    羽

                    罪

                    ハタキ(好感度いちばんでした)

 

   ブランデーケーキにぬくくなる耳が 雨だよっていうから眠ろう

                    きみのこゑしかひろへなくなる

                    君の鼓動をさがしてをりぬ

                    雪の言葉を聞きとめている

                    君への想いのシグナルとなる

                    枯れ葉のなかへまぎれてゆけり

 

 和歌山に、今年はじめて雪が降った日・・人と言葉のすてきな出逢いにほっこりとした一日でした。                    

 ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。 

南の窓から(短歌日記2016)/栗木京子歌集より

 

ねぢ山のすり切れるまで巻きしめし冬の心を椿がわらふ

雨はれて二輪草咲く野の道は夢の入り口あるいは出口

風、ひかり、希望、泥棒だって来る窓なり白きカーテン揺れて

公園で手洗ふ人の袖口に触れて小手毬ほろほろと散る

藤棚の下に思へり首を抱きうしろから刺す終はらせ方を

聖五月ゆふかたまけて降り出でし雨は生蜜のきらめきを帯ぶ

嘘をつく、でも約束は守り抜くそんな貌して欅の立てり

ある夜ふと風の尾と尾のつながりて季節は秋に移りゆくなり

はぐれたる大事な人と出会ふため生まれて来しや夕日うつくし

蓋のなき箱と底なき筥ありぬ恋を容るるにいづれ良からむ

熟れてゆく水のおもてに蝶の来てはさみのやうに翅かさねたり

竹群の竹濡れてをり隣り合ひつつも触れてはならぬものある

永田愛さんの歌集「アイのオト」より

永田愛さんの歌集「アイのオト」より

 

冬の日にわれとふたりで生まれ来しいもうとがいて墓に眠れり

「抱けんまま骨になった」と母は言う木綿豆腐を切りわけながら

人混みでときおりわが手をひいてくれる妹の手はピアノを弾く手

霜月の部屋の扉は修理され滑らかにまわる銀色のノブ

やり直しのできる仕事の明るさよおもてを上げて廊下をまがる

どこからかようやく着いた舟みたい母がひなたに籠(クーハン)を干す

夫と子がいてもさみしい友だちのはげまし方を教えてほしい

冬の夜の空のたかさが苦手なりこの世にのこる覚悟が足りず

ちちははの死後のわが家とおもうまで蛇口のしたの滴がかわく

水平線までの遠さよ人間はひかりをかえす鱗を持たず

履くひとのいなくなりたる白い靴すなに半分埋まったままの

手花火の音がこわくてわが膝に凭りてくる児に空けておく膝

たくづのの白紙の舟いまきみが折っているのはたぶんかなしみ

きみまでの海図をふたたび描きなおす 冬を過ぎても雪の降る海